よくある質問

リハビリはしていますか?

リハビリも実施しております。

当院ではリニューアルに伴い、午前診療、午後診療共にリハビリテーションを実施するようになりました。患者さまの現在の筋力を測定した上で、その患者さまに合わせたリハビリをご提案していきます。

擦り傷や切り傷もみてもらえますか?

整形外科で診ることが可能です。

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。 具体的には、切り傷やすり傷などのケガ、打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷、脊髄損傷、開放骨折、切断指・肢などは、整形外科が扱います。整形外科が扱わない外傷としては、心臓・肺損傷、腹部外傷などの臓器の外傷、泌尿・生殖器損傷などが挙げられます。

そもそも整形外科とはどのような科なのですか?

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。

整形外科は身体の芯になる骨や関節とそれを取り囲む筋肉や神経からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科です。 スポーツ傷害などでよくみられる打撲や捻挫、骨折などの外傷はもちろん、加齢に伴う運動器の疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍(できもの)、運動器の先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層が対象となります。

交通事故のケガは診てもらえますか?

当院では現状のところ診ておりません。

当院では現状のところ、交通事故(第三者行為)は診ておりませんので、 予めご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

予約は必要ですか?

予約は必要ありません。

当院は基本的には予約は必要ありませんが、 何か不明点などがございましたらお気軽にお電話下さい。

膝の水を抜くと癖になりますか?

膝の水を抜いてもクセにはなりません。

膝の水を抜いてもクセにはなりません。 膝に溜まる水は変形性膝関節症の急性期や半月板や靭帯、軟骨、骨の外傷等で炎症を生じたとき、体の防御反応としてつくられます。 炎症が収まれば、水は吸収されます。
しかし、水を抜いても炎症が収まらない限りは水はまだ溜まります。
万一、膝に水が溜まった場合、軽度であれば経過観察で良いと思いますが、疼痛や多く水が溜まっている場合は疼痛の長期化、関節拘縮、筋肉の萎縮につながりますので、水を抜くことをお勧めします。

山本整形外科が平田整形外科クリニックにリニューアルオープン

診療時間

【アクセス】

P / 新日本石油 / デイリーマート / 茨木中村郵便局 / 茨木市 / 阪急京都線

【アクセス方法】

■電車でお越しの方
◎阪急京都線茨木市駅 徒歩8分
■バスでお越しの方
◎京阪バス
東寺田町バス停下車 目の前
■車でお越しの方
◎契約駐車場7台
詳しくはこちら
初めての方へ お役立ちリンク集 ページトップへ